アーステンダーパイル工法の仕様が新しくなりました!

鋼管径φ165.2~φ267.4の2.5倍翼の対応先端平均N値の拡大、
鋼管径φ318.5~φ406.4と新たな先端翼径の追加という新仕様について、
2014年2月28日、国土交通省大臣認定を取得、
また、引抜き方向支持力に関しても、2014年5月1日、
(一財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得しました。

杭の大径化に伴い、施工機械の充実を図り、最大トルク276kN・mを発揮するDHJ-25を導入、DHJ-15・MD-120・DHJ-12・DHJ-08という鋼管専用機も保有しております。様々な杭径・施工状況にも対応可能です。

押し方向・引抜き方向ともに、新仕様のアーステンダーパイル工法を是非ご検討ください!!!

 

アーステンダーパイル工法ページ

施工機械ページ