ETP-G工法 性能証明工法

ETP-G工法は、鋼管の先端に円形の拡底翼と正三角形の補助掘削刃を溶接接合し、回転させることによって地盤中に貫入させる、回転貫入鋼管杭です。

拡底翼の一部を切り欠き30°の勾配で上下に折り曲げ、回転貫入時に大きな推進力が得られる形状としています。回転力が推進力となり地盤に貫入するので、騒音・振動が極めて少なく、通常の地盤での施工では発生土がありません。設計は SWS試験結果またはSRS試験結果により可能で、また、コンパクトな施工機械により狭小現場、高さ制限のある現場での工事が可能です。一般住宅などの建築物にも多く採用されています。

工法の概要

1. 適用する地盤の種類

基礎ぐいの先端地盤 : 砂質土地盤(礫質土地盤を含む)および粘性土地盤
基礎ぐいの周囲の地盤 : 砂質土地盤及び粘性土地盤

2. 最大施工深さ

杭長は軸鋼管径の130倍以下とする。
ただし、SWS試験結果にて施工する場合は施工地盤面より-19.2mとする。

3. 適用する建築物の規模

地上3階以下、建物高さ13m以下、軒高9m以下の小規模建築物

GBRC 性能証明 第09-19号(改4)

4. 仕様

鋼管径D(mm) 先端翼径Dw(mm) Dw/D
89.1 223~267 2.50~3.00
101.6 254~305 2.50~3.00
114.3 229~457 2.00~4.00
139.8 280~559 2.00~4.00
165.2 330~537 2.00~3.25
190.7 381~620 2.00~3.25
216.3 350 1.62

※D=89.1~190.7mmのDwは、Dw/D=0.25D毎に設定

施工手順

1.材料検収

ETP-G 材料検収

2.杭芯セット 鉛直確認

ETP-G 杭芯セット 鉛直確認

3.回転貫入状況

ETP-G 回転貫入状況

4.継ぎ杭作業 溶接状況

溶接状況

5.溶接完了

ETP-G 溶接完了

6.打ち止め状況

ETP-G 打ち止め状況