家屋沈下修正工事

鋼管杭圧入工法

建物の重量を反力とし、連動式油圧ジャッキにて鋼管杭を地中に圧入、セット~建物を水平に調整する修正工法です。

鋼管杭圧入工法  説明図鋼管杭圧入工法 写真

特長

ご入居のまま施工可能です。

建物の床を捲ったり、引っ越したりせず、通常の生活条件を変えることなく施工いたします。騒音についても、問題ありません。

戸建住宅からビル・マンションまで・・・

例えば、在来木造、2×4、鉄骨、RC・・・など、建築様式のいかんを問わず、修正が可能です。お気軽に御相談下さい。

地盤状況に対応する各種工法

スェーデン式サウンディング調査又はボーリング調査の結果により、最も適切な工法を選びます。(盛土・切土・旧水田・沖積層・軟弱地盤・・・等々建物の沈下は様々な所で発生しています。)

作業工程

  1. 準備工事
    建物測定・地耐力調査
  2. 解体工事
    掘削位置の土間コンクリート解体
  3. 掘削工事
    建物外部に進入口を設置し、基礎下を掘削
  4. 鋼管杭圧入工事
    1.0mに切断加工した鋼管杭を油圧ジャッキにて圧入
  5. 沈下修正工事
    杭頭部にジャッキをセットし修正
  6. 定着工事
    修正後、杭頭部をコンクリート打設し定着
  7. 埋戻し工事
    空隙及び杭頭部に軽量盛土材で埋め戻しをする
  8. 復旧工事
    土間コンクリートの復旧
  9. 完了

 

現地調査~工事の打合せ~施工~ご報告まで責任体制。
大小を問わず、お気軽にご相談ください。