SSW-Pile工法 性能証明工法

先端に鋼製の先端翼を取り付けた直径216.3mmのケーシングを所定深度まで回転貫入し、ケーシング内に軸部材料(コンクリートもしくはモルタル)を打設後、先端翼部品を残してケーシングを引抜くことにより補強体を築造する、先端翼を持ち合わせた柱状補強体です。軸部材料は、品質の安定したコンクリート・モルタルを打設することで、品質の安定とローコスト化を図っています。設計は SWS試験結果により可能で、施工時の残土の発生も無く、粉じんが舞うこともありません。

工法の概要

1、適用する地盤の種類

基礎ぐいの先端地盤 : 砂質地盤(礫質地盤を含む)および粘土質地盤
基礎ぐいの周囲の地盤 : 砂質地盤及び粘土質地盤

2、最大施工深さ

最大施工深さは10mとする。(条件により15.0m)

3、適用する建築物の規模

○小規模建築物:地上3階以下、建物高さ13m以下、軒高9.0m以下、延べ面積1000㎡以下

○小規模工作物:高さ3.5m以下の擁壁、浄化槽・広告塔等

 

GBRC 性能証明 第12-28号 改

【PDFファイル】先端翼を有する小口径柱状地盤補強 SSW-Pile

SSW-Pile工法協会 HP:http://www.ssw-pile.jp

施工手順

1.材料検収 (ケーシング)

SSW 材料検収

2.材料検収 (軸部材)

SSW 材料検収 (軸部材)

3.杭芯セット 鉛直確認

杭芯セット 鉛直確認

4.軸部材打設状況
(コンクリート)

SSW 軸部材打設状況(コンクリート)

5.ケーシング引抜状況

SSW ケーシング引抜状況

6.打設完了後

SSW 打設完了後