鋼管杭工法

説明図鋼管杭を回転圧入して、支持層まで打設する工法。

  1. 軟弱層が8m以深またはセメントでは固まりにくい場合に適用
  2. 低騒音・低振動での作業が可能
  3. 既成の鋼管を使用するため、品質が安定し、残土の発生が無く、作業現場が汚れにくい。

鋼管杭工打設手順

SMD杭打設手順

1.杭芯セット状況

杭芯セット状況

2.杭芯セット全景

杭芯セット全景

3.回転圧入

回転圧入

4.継ぎ手溶接

継ぎ手溶接

5.継足し状況 6m+6m

継足し状況

6.回転圧入状況 6m+6m

回転圧入状況

7.内径管溶接状況

内径管溶接状況

8.継足し

継足し

9.継ぎ手溶接

継ぎ手溶接

10.継ぎ手溶接完了

継ぎ手溶接完了

11.回転圧入状況

.回転圧入状況

12.打ち止め確認状況

打ち止め確認状況

13.杭芯ずれ確認状況

杭芯ずれ確認状況

14.杭切断状況

杭切断状況

15.杭切断完了

杭切断完了

16.杭頭処理完了

杭頭処理完了

鋼管杭工打設手順

ストレート管打設手順

1.杭芯セット状況

杭芯セット状況

2.杭芯セット全景

杭芯セット全景

3.回転圧入状況 6m

回転圧入状況

4.継足し状況 6m+6m

継足し状況

5.継ぎ手溶接状況

継ぎ手溶接状況

6.継ぎ手溶接完了

継ぎ手溶接完了

7.回転圧入状況 6m+6m

回転圧入状況

8.回転圧入状況 6m+6m+6m

回転圧入状況

9.打ち止め確認状況

打ち止め確認状況

10.打設完了

打設完了

11.杭頭加工処理完了

杭頭加工処理完了